アストルティア滞在記 -2日目

竜王にはひのきのぼうでは勝てないように、『ドラクエ10』も普通の装備、つまりゲーム機本体(Wii)と『ドラクエ10』のソフトだけではプレイができません。
でも「なんか色々買わなきゃいけないのは高いし面倒臭い」と思うのが人情。これがこのゲームを始めるにあたっての、最初で最大のハードルだと思います。そんなハードルを無くすために、今日は「確かに色々買わなきゃいけないけど、案外安く済んだよ?」という話。

  • 絶対に買わなきゃいけないもの

1.ネット環境
Wiiは持っているけれど、インターネットに繋いでいないという人は意外に多い気がします。まずはWiiをネットに繋ぎましょう。無線LANを持っていれば、追加投資なしに簡単に接続できます。有線接続の場合、LANアダプタを買って接続する必要があるので注意。このネット接続が、人によっては一番のハードルかも。


2.USBメモリ(16GB)
ドラクエ10』はMMORPGなので大容量のデータを扱うのですが、Wiiは他の現行据え置き機と違ってHDDを積んでいないので、保存媒体が必要になります。それが16GBのUSBメモリ。その昔『FF11』が発売された時はHDDを追加購入しなくてはいけないという壁にぶち当たって挫折したものですが、今回はUSBメモリだけ。あの頃に比べたら価格もサイズもわずかなものです。

  • 買っておいた方がいいもの

1.クラシックコントローラーPRO
Wiiリモコン+ヌンチャクでも遊べるそうですが、RPGゲームとクラコンPROの相性の良さは『ゼノブレイド』が実証済み。Wiiで普通のゲームを快適に遊ぶために、持っていなければ素直に買いましょう。


2.USBキーボード
MMORPGは「知らない誰か」と遊ぶゲーム。どうしてもコミュニケーションをとる必要があるのですが、そんな時にソフトウェアキーボードや簡易チャットではきっと不十分。こちらも素直に買うべき、ですがもちろんPC用のキーボードも流用できるので、持っていれば買う必要はありません。

  • 実際に買ってみた

というわけで必要なものを揃えるため、秋葉原を散策してみました。私はこれまでそこそこWiiを遊んできたので、すでにネット接続済み&クラコンPROは所有済み。でもノートPCを使用しているためUSBキーボードは無し。というわけで以下のものを購入しました。

・iBUFFARO USBキーボード 650円
USBメモリ(16GB) 980円
合計1,620円! たったこれだけの追加投資で済みました。人それぞれゲーム環境は違うので、追加投資の額はまちまちだと思いますが、多くの人はこの程度の投資で『ドラゴンクエスト10』の世界に飛び込めるはず。案外ハードルは低いものです。
また、わざわざ秋葉原を散策しなくても、Amazonを使えば今なら同等のキーボードとメモリが1,649円で揃います。今から注文して『ドラクエ10』発売日に間に合うかは微妙ですが、安さと購入時間節約を考えればAmazon最強です。


ちなみに今回は安さ重視で購入しましたが、何のUSBメモリを買えばいいかよくわからない、アキバもAmazonもよくわからない、という人はソフトとUSBメモリの同梱パックを買うのも手です。またちょっと高くついてもいいからアイテムは全部集めたい、という人はゲーム中で使えるアイテムコードが同封されている、限定キーボードやUSBメモリを買うのアリ。もっと高くても、操作しやすい高級キーボードを買うのだってもちろんアリ。
ひのきのぼうでは勝てませんが、結局は自分にあった装備で旅に出るのが一番です。