読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリキュアショーと『劇場版仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』

日曜なのでプリキュアとライダーを観てきたよ!外で!


秋葉原UDXの夏祭りで開催されたハートキャッチプリキュアショー。どうせ子供だましでしょー、と魂フェス見に秋葉原来たついでに寄ったら、すごかった。

ブロッサムが子供たちとダンスの練習しているところにコブラージャが登場。祭ばやしを流してダンスを邪魔するコブラージャなんて卑怯な!
→マリンも参戦して一度は撃退するも、プリキュアたちが舞台を離れているうちに司会のお姉さんの心の花が!
→マイク型デザトリアンと化した司会のお姉さんと共にコブラージャ再び登場。ブロッサムとマリンピンチ!
→そこにサンシャインが助けに。祭ばやしを流すの阻止!EDテーマでダンスする彼女たちを見惚れてデザトリアン油断。
→三人の必殺技を駆使して全員撃退!
→お姉さんも元の姿に戻って、最後は小さなお友達のみんなとダンスして閉め♪

この20分ばかりの小芝居、全部新録音の音声付きなんだぜ……。いやー、いいものを見た。


そして夜は本番『劇場版仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』。

抱き合わせの『劇場版天装戦隊ゴセイジャー』は、えーっと、何度席を立とうと思ったかわかりませんが、ライダーは非の打ち所がなかった。
全編バトル展開ながら、最近出番の少ないフォームをバリバリ使ってくれるので観てて飽きないし(えー!そんな組み合わせでそんな技が!っていう驚きがいっぱい)、演出の派手さも気持ち3割増。3D演出もここぞというときに思いっきり活かしていて、最後の必殺技のシーンなんて、本当に鳥肌が立って震えた。
脚本は安心の三条陸先生。映画の時間軸は当然テレビ版終了間際の今の展開にバッチリ合わせてくれているし、ならではの盛り上げ方もばっちり心得ていた。敵の設定も最強の敵感をバリバリ出しているので、もしかして勝てないんじゃ、と思わせてからの逆転劇がスカッと気持ち良い。
本当にWを愛しているスタッフが、真剣に作った最高のライダー映画。W好きでよかったと思える本当にワクワク出来る映画でした。スタッフのみなさんありがとうございました!


惜しむらくは、この夏でTV版が最終回を迎えてしまうことか。電王みたいにだらだら続けるのは勘弁だけど、あと一回ぐらい、銀幕で観てみたいところ。
今度は当然、ゴセイジャーとの抱き合わせなしでお願いしますよ。