『勇者30』全モードクリア後レビュー

公式サイト

タイトルからも見た目からもRPG然としている本作における敵とのバトルが、コマンド選択いらずのオートバトルと知って、ああこれは『カエルの為に鐘は鳴る』なんだな、と(コメディ調のテキストも何処となく似ている)。GB初期に発売された『カエルの〜』は、見た目が『ゼルダの伝説』っぽくありながらも、バトルはオート。敵と遭遇するとボコスカと殴りあい、勝つか負けるかはその時点で所持しているアイテムや、主人公の姿によって決まる。つまりバトルの前にほぼ決着が決まっている、準備がものを言うゲーム。準備ゲー。

勇者30』も、いかにスマートに計画的に、魔王を倒す準備をするかという準備ゲー。勇者に与えられた時間は30秒間。カウントが0になると世界は消滅。プレーヤーに出来るのは、何秒間レベル上げをし、どの町で何の武器を買うべきかの見極め(バトルでできるのは、ダッシュと、回復アイテムの使用ぐらい)。どれだけの時間、装備で魔王の巣食う城にアタックするか、探り探りプレイして、失敗したら30秒前からリトライ。見事世界消滅までに魔王を倒したその先には、最適解を突き詰める終わりなきタイムアタック

ゲーム性だけ見るとパズルかシミュレーションゲームかというところだが、この魔王との戦い(クリアまで30面、途中分岐有り)を超え、魔王(RTS)、王女(STG)、騎士(ACT)といった、他の主人公による別ルールのモード、そして最後の……、と全てのゲームモードを通すと時空を超える壮大なストーリーが味わえてRPGらしさも満点。大変にごった煮で濃厚で斬新で熱くて(熱すぎるぜ高見沢サウンド!)、クリアまで10時間前後のゲームとは思えないぐらい、満足感お得感でいっぱいだ。