『もやしもん』


たとえ見えなくても、生活のあらゆる場面に菌は存在する。知識としては理解していてもついつい忘れがちな事実だが、このマンガの主人公・直保はそれを忘れることはない。なぜなら彼は菌が見えるのだから。


ファンシーな菌たちと共に描かれる農大学術系青春ストーリー、それが『もやしもん』。各巻テイストの異なる表紙のイラストからは中身を想像しにくく購入を躊躇っていたのだが、いざ読んでみるとマンガとして面白いうえに、菌についての豆知識が大量に詰め込まれているので、非常に勉強になる。目から鱗がボロボロと落ちた。実家の酒屋家業への見方も180度変わった。将来について余計悩むようになってしまった。


さらにこのマンガを読んだおかげで直保ほどではないが、あらゆる場所に菌の存在を想像できるようになったのもなんだか楽しい。実物の菌もマンガに出てくるA・オリゼーのように愛嬌があればいいのに。