読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ディシディア ファイナルファンタジー』レベル100キャラやっと1人作ったのでレビュー

公式サイト



ご存知「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクター総登場の対戦アクションゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』(以下『DFF』)。
ハイスピードで展開する空中戦闘は『キングダムハーツ』を対戦向けにパワーアップさせたかの様で、動かしているだけで非常に楽しい!にも関わらず、それに反してイベントシーンのテンポが悪く、慣れないうちは1キャラクリアにイベントシーン含めて1時間半はかかる始末。対戦ゲームなのに、長い。
発売日に買ったくせにストーリーモードも半分ほどしか進めないままで放置していましたよ。つい先日まで。


やる気を取り戻したきっかけは、久しぶりに会った友人との対戦。
どちらもゲーム好きとあってディシディアで対戦しようしようと持ち寄ってみるも、キャラのレベルはどちらも中途半端。最大レベルは私がレベル36のFF1主人公「ウォーリアオブライト」、友人がレベル50のFF4主人公「セシル」だったものだから、セシルをレベル36に下げてもらって対戦開始。
そしたらもう、どういうわけだか何回やっても勝てない! 私の腕が未熟だからなのか、相性が悪いのか、アビリティの差か、久しぶりのプレイだからかわからなかったけど、とにかく何度リトライしても勝てない。ハンデつけてもらっても勝てないとか、そりゃもう悔しかったが、その日はあまり時間がなかったので再戦を誓って解散に。


家に戻ってからは早速ストーリーを進めながらレベル上げ。するとレベル50なんてあっという間だったので友人のゴースト(このゲームはフレンドカードを交換した人のデータと戦うことが出来るのです)と対戦。そしたらビックリするぐらい楽勝で。なんだこれならもう一度本人相手にしたら勝てるな、とそこで止めてもよかったのだけれども。
けれどもレベル上げて新しい技やアビリティを覚えるのがやっと楽しくなってきたところ。このままイケルとこまでいっちゃえ!と今朝からずっとレベル上げに勤しんでいたおかげで、今日の夕方にはレベル100のウォーリア・オブ・ライトが誕生しましたよ。意外と早かった。


しかしそこで終わらないのが『DFF』の怖いところ。レアな素材を集めて造りたい武器防具は一杯あるし、育てたいキャラクターも一杯(フリオニールティーダとジタンとガーランドとジャッジはレベル100まで育てたい)。PS3経由でのネット対戦も試したい。
「レベル100からが本番」とは聞いてはいたけれど、まさにその通り。やり込む気になったきっかけは、友人に負けた反動だったけれど、今は純粋に、このゲームに向き合うのが楽しい。


あの友人はレベル50のままだろうか。今度は逆にハンデをつけて、セシルに勝って、彼のやる気も起こさせてあげないと。『DFF』は面白くなるまで時間がかかるけど、レベル50で踏みとどまってちゃもったいないゲーム。
もし彼の様に中途半端なレベルで留まっている人がこれを読んでいるならば、レベル100まで上げてみてほしい。きっと、見えてくる世界は全然違うものになっているはずだから。