朝日ソノラマ店仕舞い


http://www.asahisonorama.co.jp/hp/whatsnew/readers.html


私の本棚をいくら眺めてても朝日ソノラマの小説は一冊しか見つけられないのだけれど、それでも長く続いていた小説のレーベルがなくなるというのはひどく悲しい。有名イラストレーターを昔から起用していたにも関わらず、昨今のライトノベルブームに乗り切れなかったのが敗因だろうか。小さな書店ではほとんど取り扱われていないぐらいだったし、当然の結果なのかもしれないが。


好きな作家の1人、小川一水が何冊もこのレーベルで発売していたのだが、紀伊国屋ぐらいでしか売ってないために今まであまり集めてこなかった。出版事業は朝日新聞社が引き継ぐようだが、絶版しないうちに急いで買い集めようと思う。


これをきっかけに、買おうと思ってて買ってなかった本の購入に走る私のような読者は多そう、


ってそもそも多いのか?


今でも朝日ソノラマが好きって人はどれぐらいいるのだろう。