2009年は『Flowery』でしょ

今年プレイしたゲームを振り返ってみると「ゲームを携帯する」ことがキーワードだったのかな、とか。
ドラゴンクエスト9』ではすれ違いにすれ違い続け100人以上の方と地図を交換し、『ポケットモンスターソウルシルバー』では万歩計にポケモンを入れて連れ歩き。『ラブプラス』も、リアルタイムモードのおかげで休日ともなればDSに彼女(凛子)を入れて持ち歩くのが必然と化したし。
ドラクエ9』も『ラブプラス』も、ゲームらしい面白さを求めてプレイすると練り込み不足に感じるけど、間口は広くて奥は深い、継続的にプレイさせるしかけもバッチリ、と嵌る人は恐ろしく嵌れるソフトだったわけで、この萌芽が来年以降ゲーム業界にどう影響を与えていくのか、とか考えるとまだまだゲームって面白い。


それはそれとして2009年の個人的ベストゲームをチョイス。

過去のレビュー記事
同日発売の『ベヨネッタ』もスーパースタイリッシュで楽しかったけど、『罪と罰 宇宙の後継者』は更に好み。
SFマインドあふれる設定と、気持ちの良い奥スクロールシューティングがツボに入った。音楽も全編通して良すぎる。沢城みゆきの声がかわいい(同じWiiの『朧村正』も沢城みゆきがかわいいのでオススメ)。Wiiは面白デバイス的に他ハードより優位性があるのだから、こういうリモコン上手く活かしたガチゲームがもっと増えれば良いと思う。

過去のレビュー記事
森島先輩の犬と化した私にとってはラブプラスより断然アマガミ派なわけで。
シンプルなシステムで直球ストレートな『ラブプラス』、多彩なイベントで押しまくったこれまた直球の『アマガミ』、大人の社交場を演出した大変化球『ドリームクラブ』、と今年は恋愛ゲーム界隈が面白かった。『アイドルマスターDS』が今一歩垢抜けなかったのだけはちょっと残念。涼かわいいよ涼。

過去のレビュー記事
昨年以上に活況を見せた今年のダウンロードゲーム界隈。iPhoneのゲームなら『OBITAL』を1番に推すところだけど、ダウンロードゲーム全体、いや今年プレイしたゲーム全体から見ても、最も個性的で、美しくて、感動的なのが『Flowery』。今年2月にクリアした瞬間に、このゲームを今年1番にすることを決めていた、それぐらい説得力のあるゲーム。誰も推さなくても俺が推す。
FF13』も発売されてようやっと軌道に乗ってきたPS3。こっそり配信されてる『Flowery』のような素晴らしいダウンロードゲームがあるんですよ! 今からプレイしても遅くない!


最後に言い訳。実はまだ『ポケットモンスターソウルシルバー』も『アサシンクリード2』も『FF13』もプレイ途中で、『シュタインズゲート』も買ったけど未プレイ、『デモンズソウル』は心が折れて、『ゼルダの伝説 大地の汽笛』に至っては封も開けていない。こんな状態でベストゲームを決めるのもどうかと思うけど、それらは来年のベストゲーム候補に持ち越しってことで……。ゲームやる時間たっぷり欲しい。
今年はiPhone用ゲームもやりまくったので、気が向いたら別記事でまとめるかも。