ゲーマーズライフ

ゲームとかアニメ

前に進む力をくれる物語を-映画『天気の子』

昨日の大変痛ましい事件に気が滅入っていたのだが、何もできないので予定通り映画『天気の子』を見た。

 

映画を見ている間は事件のことを忘れることができたし、とても前向きな物語に背中を押されるようだった。

幾分やり過ぎな終盤の展開は昔からのファンとしてはニヤリとするものだったが『言の葉の庭』、『君の名は。』あたりからついたファンは椅子から転げ落ちるかもしれない。新海誠監督は、いもしない「一般客」の影を追わず若い客層の方を向いているようだ。

劇中のキャラクターに現代社会を指して「狂った世界」とまで言わせしめるシーンがあり、昨日の事件を思い起こさずにいられなかったが、それでも、でも、とその先に進もうとする強い物語には心撃たれ、涙が止まらなかった。

 

f:id:massan-222:20190719175615j:image

映画館に入る前まではシトシトと小雨模様だったが、映画が終わるとカンカン照り。さすが新海監督、天気も味方にする勢いだ。

 

今日はこれぐらいで。