ゲーマーズライフ

ゲームとかアニメ

原作超えの奇跡体験―映画『海獣の子供』感想

6月7日より公開された映画『海獣の子供』を観賞したらあまりの感動に居ても立ってもいられず気づいたら水族館に来てしまった。

f:id:massan-222:20190611001611j:image

今回はここ、神奈川県江ノ島新江ノ島水族館からお届けする。

 

f:id:massan-222:20190611003234j:plain

月刊IKKIで連載されていた五十嵐大介による漫画『海獣の子供』を、『アリーテ姫』、『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃がアニメーション映画化したのが今回の作品。人間関係が思い通りにいかない中学生の少女・琉花(るか)が、ジュゴンに育てられたという2人の不思議な少年・海(うみ)、空(そら)と出会ったことで、謎の隕石、奇妙な魚たちの行動を追ううちに、やがて海で起こる奇跡"祭り"に迫っていく、というのがあらすじだ。

 

f:id:massan-222:20190611002926j:plain
原作は海にまつわる世界中の逸話を挟み、中盤からは事件に関わるキャラクターたちのバックボーンも描くことで群集劇の様相を呈し、それゆえにいつもの五十嵐大介風味というか散文的で壮大に過ぎるところがあったのだが、映画では特に1、2巻のジュブナイルの匂いを大事にし、あくまで琉花の主観を追うことで"ひと夏の経験"としてうまく2時間弱の映像に落とし込んでいる。原作にはなかった琉花の気持ちに寄り添う描写やカメラワークも多く見られ、さすが傑作『ドラえもん のび太の恐竜2006』の渡辺歩監督の手腕を感じるところだ。

とはいえ五十嵐大介の荒々しいタッチをアニメ風にマイルドに、などということにもなっておらず、『東京ゴッドファーザーズ』、『かぐや姫の物語』を手がけたスーパーアニメーター小西賢一総作画監督と、『鉄コン筋クリート』『血界戦線』の木村真二美術監督によりビジュアル面はとんでもないことになっている。 

特徴的な手足の大きい特徴的なスタイルや、まつ毛の一本一本まで描写する精緻な書き込み、荒々しい描線はまさに原作そのまま。美術に目を向けると、ここ新江ノ島水族館をモデルにした劇中の水族館こそ写真と見紛うほどだが、町並みや自然描写は原作よりも南国風味が強調され、非現実感を漂わせている。

 

f:id:massan-222:20190611000708j:plain

そんな渡辺監督と卓越した絵描きたちの力により中盤までは夏の匂いが鼻の奥にツンとくる、どこか懐かしいジュブナイルが展開されるが、終盤の"祭り"描写に至ると一転。宇宙と海の神秘がとてつもないアニメーションの力によりスクリーンを猛り踊り狂う様を固唾を呑んで見守るうちに、頭から足の先まで海の底に引き釣りこまれるかのような異様な体験にただただ唖然とするばかり。例えるなら『ファンタジア』で描く『2001年宇宙の旅だろうか。この点は間違いなく原作5巻で描かれる神秘的描写を大きくアップデートさせたものになっている。

 

f:id:massan-222:20190611002055j:plain

友達との不和から始まる物語の始点と終点こそ原恵一監督『バースデーワンダーランド』にあまりに近い印象があるが、絵の力、そして"祭り"によって連れて行かれる先は『バースデー~』のそれよりもはるか彼方。劇場を出たあともフワフワした気持ちは治まらず、なんだか自分の可能性の蓋を押し広げられたような、世界との距離感が変わったような、そんな気持ちまで抱かせてもらえるものだった。 

"祭り"描写が言葉足らずなためか映画全体を指して理解できないとの感想も多く見られるようだが、物語を注意深く追っていさえすれば"祭り"の意味はわかるもの。そしてそれよりも全神経を傾けて音と映像の洪水に身を任せることこそ、この映画の本質であろう。 

 

f:id:massan-222:20190611002216j:image

東宝・夏の"かいじゅう"映画第2弾としても、そして東宝・夏のアニメ映画先鋒としても(このあとは湯浅政明監督の『きみと、波に乗れたら』、新海誠監督の『天気の子』が続く)、他作に勝るとも劣らない大傑作(になることだろう)。この類まれない”映画のためのアニメーション”はTVサイズでは印象が減ずることは間違いないので、絶対に映画館で体験すべきものだ。

 

f:id:massan-222:20190611000838j:image

ちなみに新江ノ島水族館では現在、聖地巡礼フォトスポットキャンペーンや絵コンテ展示が実施中なので映画を見たあとに来るとより楽しめるはず。自然の見え方が変わってくるに違いないので、例えここでなくとも構わないので観賞後には身近な水族館や海に行くのがおすすめだ。

 


【6.7公開】 『海獣の子供』 予告2(『Children of the Sea』 Official trailer 2 )