ゲーマーズライフ

ゲームとかアニメ

『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』に苦い思い出を浄化してもらった話

f:id:massan-222:20190429222726j:image

ネタバレ無し。

 

以前『アベンジャーズ』1作目を劇場で観た際、隣で観ていた父親は大層楽しんでいた(興味がないとすぐ寝てしまうのだがこの時ばかりは最後まで起きていた)。けれど私は「前半はヒーローがいがみ合ってばかりだし、後半のNY決戦シーンのアクションも眠たいし」「ダークナイトと比べると…」とか小難しいことを考えてしまい、けれども父が楽しんでる手前、黙りこくって独り「あんまり面白くなかった映画」のレッテルを貼ってしまった。

ほどなくして父は急死し、最後に一緒に見た映画は「あんまり面白くなかった」『アベンジャーズ』に。ひねくれて映画を観てしまう自分の性根を悔いたものだ。

 

あれから7年、地上波で放送するというので久しぶりに『アベンジャーズ』を観た。隣に父はいないけれど、今度は心から楽しんで見ることができた。ようやくマイナスイメージのレッテルを破り捨てることができたのだ。

心境の変化は『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』を観たからに違いない。

 

アベンジャーズ/エンド・ゲーム』は『アイアンマン』から続くMCU(マーベルシネマティックユニバース)22作目にして区切りとなる作品だ(これでMCUが完結というわけじゃない)。

クライマックスだけに、これまでのどのMCU作品よりも熱く、泣けて、笑えて、驚きに満ちている。とんでもない感動の渦に飲み込まれる奇跡のような映像体験に、涙が止まらなかった。

この映画を観たことで、これまでのMCU作品がより好きになる、そういう物語であり、体験だった。もちろん1作目の『アベンジャーズ』も、だ。改めて観た『アベンジャーズ』はやっぱりヒーローがいがみ合ってるしアクションは眠たいけど、なんでもないシーンで泣きそうになってしまった。アイアンマンが、キャプテンアメリカが、ソーが、アベンジャーズメンバーが一緒の画面にいるだけで特別な映画なんだとようやく理解することができた。

苦い思い出の映画『アベンジャーズ』を浄化してくれた『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』には、感謝の念しかない。

 

というわけで全人類早く映画館で見ろ、と言って終わりたいのだが過去作が21本もあって見てられないという人もいるだろう。この11年間冬眠してたのか?と問い詰めたいがここはぐっと我慢する。

こういう時どの作品をどの順番で見ればいいかを訥々と語りたくなるのがオタクの常なので一応書いておくと…最初に見るのは実際のところどれでも良いと思う(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』は除く)。ただし順番通りに今から全部観るのは荷が勝ちすぎるに違いない。だからとびきり面白いのをとりあえず一本観ればテンション上がって助走がつくはずだ。

そんなとびきり面白いMCU作品は以下の7本だ。

※個人の感想です

 

上記作品を観てなんか面白いかも、と思ったらきっとアベンジャーズの一員になる素養があるはず。そんな君は『アベンジャーズ エンド・ゲーム』に連なる重要な作品を順番に見ていけばいい。なーに、たったの10本しかない。

※個人の感想です

 

などと訥々と書いてみたが、どうせ『エンド・ゲーム』は1ヶ月はやってるだろうし、GWは長い。時間が作れるなら過去作21本順番通りに全部見るのが一番だ。全人類早くMCU全部見ろ!