Switch『GO VACATION』で一足早い夏休み

暑すぎて外に出ると溶けるので最近はもっぱらクーラーの効いた部屋で避暑地に行っている。……もちろんゲームの話だ。

 

f:id:massan-222:20180805135054j:image

GO VACATIONゴーバケーション)』は元々Wii用として2011年に発売されたタイトルだが、今年7月27日、欧米向けにNintendo Switch用タイトルとしてアップグレード要素を引っさげて移植版が発売された。Wii版がお気に入りだったため、今回無理して海外版を購入して一足早くプレイしている。海外版とはいえなぜか日本語が完全収録されているのでプレイするうえでの言語的ハードルは全くない。

※ちなみに私は、海外の任天堂アカウントを作成→PayPalアカウントを作成→プレイアジアで海外版ニンテンドープリペイドカードを購入(PayPal支払い)→それを使って海外任天堂アカウントからeshopで購入、という無理をしている。通販で輸入版を購入すればもっと楽だろう。

 

f:id:massan-222:20180805140546j:image

このゲームのウリは4つのリゾート地で50種類以上のスポーツ/バラエティゲームを遊べるという点だ。マウンテン、マリン、シティ、スノーと名付けられた景観に富んだリゾート地で、各地に配置されたゲームを好きな順番で気の向くままにプレイしていく。

移植にあたっての追加要素として特筆すべきは、SD画質からHD画質に映像がぐっとグレードアップしたことだろうか。Wii版はハード固有の画質の低さがネックだったので当然とはいえ嬉しいところ。他にも動物の撮影、釣り、ゆるいオンライン要素(他人のゴーストとタイムアタックできる)、ローカル通信プレイなども追加されている。もちろんSwitchならではの携帯モードやHD振動スクリーンショット撮影や録画にも対応している。

 

ただ遊ぶにつれ気になるのは、Wii版では驚かされたはずのリゾート地の広さに、もはや驚きを感じなくなってしまったこと。実際には狭くなっているわけではないのだが、ゼルダの伝説BotW』や『マリオオデッセイ』、『ゼノブレイド2』などに触れて、任天堂ハードでも広いフィールドが当然と思うようになってしまったためだろう。すでに一度マップを踏破しているから、というのも理由に数えられるだだろうが。

そうすると残る特徴は多種多様なスポーツゲームなのだが、残念なことにいずれも底が浅い。ボリュームがあるとはいえ、難易度は一様に低く、成長要素はなく、ライバルもいなければテクニックも必要ない。逆に言えば初めてゲームを触る人とも気軽に対戦できる、という利点でもあるが、悲しいことにそんな友人は持ち合わせていない。

このゲームを長く遊べるのは、多数のゲームを一つ一つクリアできるマメな人や、ゲームのスコアに一切影響しない衣服や家具を集められるコレクター気質な人ぐらいに違いない。

 

f:id:massan-222:20180805142046j:image

そんな不満を抱きつつも気がつくとリゾート地に行きたくなってしまうのは、Switchになってもオンリーワンの魅力を失わないから。JOY-CONを両手に持って成りきりながらスキーやローラーブレードでリゾート地を駆け巡る、ただそれだけが楽しい。特にスノーリゾートの「日本のスキー場っぽさ」の再現度は今なお驚くべきもの。クーラーの風を浴びながらスキー場で風になるのは快感である。

 

Wiiからの移植にあたり操作性の問題もあるが(視点移動が停止中にL1を押しながらLスティックとは…Rスティックは飾りか…)、それを除けば良移植といえるだろう。Wii版が好きだった方、気になっている方には国内版が出たらオススメしたい。