アイマスのライブBlu-rayを見るために安価な84インチシアター環境を作ったはずがアイマスKRを見ていた

f:id:massan-222:20170830224256j:image

84インチスクリーンで見るアイマス最高!

 

  • 経緯

何の因果か今年の7月末から福岡県博多市に一人暮らしをすることになり、わたくしユーキの住環境が劇的に変化。時を同じくして待ちに待った昨年開催のアイドルマスターシンデレラガールズさいたまスーパーアリーナ公演こと『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story』の模様を収録したBlu-ray BOXが今月8月末に発売することとなり、もうこれは大画面環境でライブBlu-rayを堪能しろということだと思い込んで最低価格で必要製品を買い集めてみたら一応形になったので記録しておく。

 

  • 買ったもの

84インチスクリーン 3,000円

f:id:massan-222:20170830222657j:image

筒で届く。

 f:id:massan-222:20170830222510j:image

広げる。

 

物干し竿 2,700円

f:id:massan-222:20170830222612j:image

スクリーンを引っ掛ける。

 

f:id:massan-222:20170830222623j:image

引っ掛けたの図。右上端にサイズ比較用Suicaをペタリ。縦100cm✕横180cmはとんでもなくでかい。

 

プロジェクター 7,700円

f:id:massan-222:20170830222807j:image

肝心の安物プロジェクター。海外メーカー製。

 

f:id:massan-222:20170830222826j:image

比較用に近くにあったSwitchのコントローラを置く。超小さい。映せるのかお前。

映像出力元はPS3。音声はPC用のスピーカーを引っこ抜いてプロジェクターに繋いだので元手なし。しめて14,000円未満の出費なり。

 

  • 試写

f:id:massan-222:20170830224405j:image

映った!

 

f:id:massan-222:20170830224420j:image

怪獣映画に大スクリーンはやはりバッチリの相性。2.5m程度の距離をとれば84インチのスクリーンいっぱいに映像が映る。安物プロジェクター恐るべし。

 

  • 改善必要な点

・映写してる時はそんなに気にならないが、安物のスクリーンをきれいに吊るのは難しくてシワが出る。要工夫。

・安物プロジェクターはやはり解像度、発色がイマイチ。解像度は実写だとあまり気にならない。アニメだとちょっと気になる。発色は設定をいじり倒すとまあまあマシになった。コントラスト設定を下げるのは必須。しかしまだ物足りないので使用頻度が高くなれば高額プロジェクターを買ってもいいかもしれない(10倍ぐらいのお値段を許容できれば……)。

・プロジェクター本体のモノラル音声より断然マシだが、PC用の安価なスピーカーではイマイチ。低音が出るスピーカーが欲しい。

 

肝心のBlu-rayを待っているとコロムビア様から何やらメールが。

f:id:massan-222:20170830224922j:image

……転居に伴う配送先変更が遅かった模様。シアター環境を作る前に真っ先にやるべきことがあったのではないか。

 

f:id:massan-222:20170830224738j:image

というわけでやり場のない気持ちをAmazonプライムで絶賛配信中の韓国製実写ドラマ『アイドルマスターKR』にぶつける。スジ可愛いよスジ!(面白くて結局4話まで見てしまったのは怪我の功名。続きもこのスクリーンで見る)