読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座組みで見る2015秋アニメ

アニメ

昔の人は良いことを言ったものです。「アニメの面白さは座組みで8割決まるもの」。

毎クール大量のアニメが放映される昨今、限られた時間に全てを見るのは不可能。選別するにはどうしても頭を悩ませるところですが、スタッフリストさえ手に入れば、面白そうなアニメは自ずと導き出されるものです。
というわけで2015年秋開始アニメの中から、面白そうな座組みの作品をピックアップ。
ガンダム 鉄血のオルフェンズ』はもちろんの事、『コンクリート・レボルティオ』、『ワンパンマン』、『ルパン三世』は要注目。大穴で『コメット・ルシファー』。
 
現在大ヒット上映中の『心が叫びたがってるんだ。』、そしてノイタミナ史上1番の人気作『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』の長井龍雪監督&岡田麿里による、ガンダム最新作。『アイドルマスターゼノグラシア』の長井監督がサンライズに帰ってきた!
『Gのレコンギスタ』がカバーできなかったであろう中高生に向けた「泣けるガンダム」を見せてくれるのかもしれないが……岡田麿里なりの「黒い」ガンダムに期待したいところ。
 
監督は水島精二、脚本は會川昇と、『鋼の錬金術師』を大ヒットさせた黄金コンビの最新作。特に昨年『楽園追放』を送り出した水島精二が次にどんな世界を描くのか、非常に注目すべきところである。
今作はヒーロー物というこよで『TYGER&BUNNY』のような作品を想像していると……いつも予想外なシナリオを打ち出す會川昇に寝首をかかれそうだ。
 
「30年ぶりのテレビシリーズ」と聞くと不安になりそうなものだが、最近のスピンオフ作品の好調振りからすると大人の視聴にも十分耐える傑作になる予感。
監督は『もやしもん』の矢野雄一郎、そして総監督は友永和秀。あの『ルパン三世 カリオストロの城』のチェイスシーンを作画したことで有名なお方(なんとこちらも現在63歳)と聞くと期待するしか無い。
 
荒唐無稽な渡辺信一郎総監督の元で『スペースダンディ』を舵取りした夏目真悟の監督最新作。キャラクターデザインはやはり『スペースダンディ』に参加した久保田誓(12話と21話にて作画監督を担当)。
時をかける少女』や『天元突破グレンラガン』でも活躍したスーパーアニメーターがどんな絵作りをするのか、楽しみなところである。
 
  • コメット・ルシファー
謎に包まれたオリジナルアニメ。ロボットアニメらしい、のだがPVを見てもよくわからん。
製作はエイト・ビットということで、菊地康仁監督にキャラクターデザインは高橋裕一と『マクロスF』を思い出す面子。柳瀬敬之デザインのメカも楽しみである。
 

TVアニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」

今期のノイタミナは、森博嗣のミステリー作品。森博嗣といえばかつて『スカイ・クロラ』が映画化されたが、今回の監督は押井守ではなく、キッズ向けから萌アニメまでこなすベテラン監督の神戸守。そしてキャラクター原案は漫画家の浅野いにお
ノイタミナブランドはこの秋、『ここさけ』に続いて伊藤計劃原作の映画3本立ても控えており、いずれも超強力スタッフの元製作されているため公開が待ちきれない。
 
シリーズ構成が『装甲騎兵ボトムズ』『ガサラキ』の高橋良輔!!72歳でまだまだ現役とは頭が下がります。
 
  • 不思議なソメラちゃん

アニメ 「不思議なソメラちゃん」 公式サイト

原作ちょぼらうにょぽみに、監督・キャラクターデザインがいまざきいつき……。これなんて『あいまいみー』。

 

 

あと藤田陽一監督の『おそまつさん』も面白そう。『ヘヴィーオブジェクト』はせっかくの鎌地和馬原作なのに、渡部高志が総監督なのがネック。イシイジロウがシリーズ構成を務める超人気ソシャゲ原作『モンスターストライク』なんてのも。

その他続編ものとして『うたわれるもの 偽りの仮面』『ノラガミ』『ハイキュー』『蒼穹のファフナーEXODUS』『終物語』『K』『てーきゅう』あたりも注目作。

 

しかし座組ではわからない面白さを突然見せてくれるのもアニメの醍醐味。評価が固まる12月に、上記作品はどのような結末を見せてくれるのだろうか。