ついに来たWii Uを買うタイミング 『Splatoon』レビュー

ゲーム機を買うベストタイミングとは一体いつだろうか?

私はいわゆるアーリーアダプターなので、気になったゲーム機は四の五の考えずにとりあえず発売日に買う主義なのだが、世の中そんな酔狂な人ばかりではないことは知っている。多くの人は何かと理由が積み重なって買うものだ。
でもそんな理由の最たるものは「"そのゲーム機ならでは"のソフトが発売されたから」ではないだろうか。かつてはニンテンドーDSの『脳トレ』や、GCの『ピクミン』が発売された時、新しいゲーム体験や斬新なキャラクターが大きな話題を呼んで、ゲーム機本体の売り上げを牽引したものである。
今週5月28日に発売されたWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』は、遊んで数時間、いや数分で、そんなかつての名作に比肩する"Wii Uならでは"のタイトルだと感じてしまった。だからみんなWii U本体ごと買うべきである。
……べきであるが、勢いに任せて買って後悔されても困るので、『Splatoon』がどんなソフトで、そしてWii Uは何が出来るのか、この際きちんと説明しておこうと思う。
 
1. 『Splatoon』って何だ?
  • 敷居の高いオンラインマルチプレイTPS
『Splatoon』を既存のジャンルに当てはめるなら、いわゆる「オンラインマルチプレイTPS」である。
TPSとはサードパーソンシューティング、つまりキャラクターの後方視点で撃ち合うゲームの総称(主観視点ならFPS)。『Splatoon』はキャラ同士が撃ち合う、しかも4対4のオンライン対戦モードがメインのゲームだ。ネットに繋がないと、ボリュームの少ないストーリーモードと、変則ルールの2人対戦しかできない。
だから任天堂と聞いて多くの人がイメージする、マリオのように1人で黙々と遊ぶアクションゲームではないし、テレビの前に集まってワイワイと遊ぶゲームでもない。1試合3分で終わる、顔も知らない人と競う対戦ゲーム、という前提は知っておいてもらいたい。
 
  • 敷居の低い『Splatoon』
『Splatoon』の1番の功績は、そんな敷居の高い殺し合いゲームを、誰でも遊べる、遊びたくなるカジュアルなゲームにまで敷居を引き下げたことにある。
敷居を低く感じる最たるところは、このゲームが「敵を倒す腕前で勝敗が決しないという」点だ。一般的なTPSは銃を手に戦う以上、どうしても敵を倒す事に重点が置かれてしまうのだが、『Splatoon』の銃に篭められているのはペイント弾。このペイント弾で、より多くの地面を自チームの色で塗る事が勝利の条件だ。
当然、塗るのを邪魔する敵を排除するのはチームにとって有益だ。しかしそんなことより、とにかく塗りまくる事がチームへの最大の貢献になる。銃が嫌ならローラーなんて武器まである(掃除に使うコロコロを思い浮かべてもらえば間違いない)。ローラーなら敵に照準を合わせる必要がないので、TPS初心者でもアクションゲーム感覚でプレイすることができる。
 
  • クールな外見と機能美を追求したキャラクター

f:id:massan-222:20150531114025j:plain

THE 地球防衛軍』シリーズや『新・光神話 パルテナの鏡』など、これまでも敷居の低いTPS/FPSがなかったわけではない。
『Splatoon』がそれらと一線を画すのは、クールな外見と機能美を追求した、任天堂ならではのキャラクターにある。
本作のプレイヤーキャラクターはイカガールとイカボーイ。ヒト状態ならペイント弾を手に塗りまくるが、ワンボタンでイカ状態に変身できる。イカ状態は攻撃こそ出来ないが「ペンキで塗った床/壁に潜れる」「潜行中はヒト状態より速く動ける」「潜行していると敵から発見されづらくなる」「壁に潜れば手の届かない所まで昇れる」といったゲーム上の利点が数多くあるので、常に切り替えながらプレイすることになる。「ペイント」×「イカ」の組み合わせは、どこでもフープとFPSを掛けあわせた『Portal』に勝るとも劣らない、TPS史上に残る大発明ではないだろうか。
そしてイカガールの外見が、これまた最高にイカしてる。セガの『ジェットセットラジオ』や『スペースチャンネル5』を彷彿とさせるポップでスタイリッシュなデザイン。良い意味で任天堂らしくないキャラクターには、任天堂の底力を垣間見た。
 
2. Wii Uは何ができるのか?
最近はゲーム機を買ってまで遊ぶ人は減っていると聞くので、『Splatoon』のためだけにゲーム機に投資するのに尻込みする人も多いのではないかと思う。ここでは簡単にWii Uは何ができるゲーム機なのか整理しておく。
 
未だにWiiのオプションか何かだと思っている人もいるらしいのだが、Wiiの後継機である。ファミコンに対するスーパーファミコンである。Wiiよりも高性能になって、主に画面付きの巨大なコントローラーで遊ぶ。Wiiリモコンも使える。
 
任天堂のゲーム機なので任天堂のゲームが遊べる。裏を返すと殆ど任天堂のゲームしか遊べない。これは他メーカーの主流ハードであるPS4とXBOX ONEWii Uよりも高性能であり、低性能で2画面のWii U用に移植するのが大変だから。また任天堂の据え置き機では結局任天堂のゲームしか売れない、という実績をWiiの時代に築いてしまったため。任天堂専用ゲーム機と割りきって買うしか無い。
とはいえ発売から2年以上が経過して、それなりにタイトルも揃ってきた。コアゲーマー向けには『XenobladeX』『ベヨネッタ2』『ゼルダ無双』『零 ~濡鴉の巫女~』『ドンキーコング トロピカルフリーズ』『ドラゴンクエスト10』、ライトゲーマーやパーティープレイ向けには『マリオカート8』『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』『進め!キノピオ隊長』『ピクミン3』『スーパーマリオ3Dワールド』あたりを買っておけば間違いない。というかこれだけ遊べるのだからゲーム目的でも買って充分元は取れるはずだ。
 
  • Wiiのゲームが遊べる
Wiiのソフトが遊べるので、Wii UがあればWiiは捨ててしまって大丈夫だ(GCのゲームは遊べないので注意)。Wiiからセーブデータも移行できる。
また一部のWii用ソフトは有料配信されているので、特にWii末期のプレミア化しているソフト群は今から遊んでも満足度は高いはず。過去にレビューした『斬撃のレギンレイヴ』『パンドラの塔』も配信中だ。
 
  • 昔のゲームが遊べる
FC、SFCニンテンドー64GBA、DS、PCエンジンMSXのゲームが遊べる。まだまだ未配信のソフトは多いのでもっと力を入れてほしいところだが……。
なおGBAのダウンロード配信を行なっているゲーム機はWii Uのみである。『メトロイド フュージョン』『メトロイド ゼロミッション』は超オススメ。
 
  • 各種配信動画が見られる
Youtubeニコニコ動画、hulu、バンダイチャンネルが見られる(バンダイチャンネルが対応しているゲーム機は現状Wii Uのみ)。もちろんどれもPC、スマホで見られるだが、やはり映画やアニメはテレビで見たいもの。コントローラーのみに動画を表示することも可能だ。huluで全話配信中の『ブレイキング・バッド』は絶対見るべき。
 
  • カラオケができる
カラオケアプリを立ち上げれば、Wii Uの画面付きコントローラーがデンモクになる。あとは別売りのマイクさえ買えば部屋がカラオケルームに様変わり。1日歌い放題300円、1ヶ月歌い放題1,000円という価格設定も良心的だ。JOYSOUNDなので新曲ももちろん網羅している。(参考までに調べたところUNISON SQUARE GARDENの新曲『シュガーソングとビターステップ』もちゃんと配信されていた)
 
年内に発売予定のタイトルとしては、ファイアーエムブレムシリーズとアトラスのコラボ作『幻影異聞録#FE』や、自作ステージの作成・共有ができる『マリオメーカー』が予定されているし、今夜放送のNintendo Directで新作の発表もあることだろう。少なくとも新ハードが出るまでの数年間は、他ハード程に数は多くないといえども、継続的に新作は発売され続けていくはずだ。
 
 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------
『Splatoon』の魅力とWii Uについて自分なりにまとめてみたのだが如何だったろうか。
スマホがあればそれでゲームは充分、という人にとってはWii U本体ごと買うのは敷居が高いはず。なのでよく知ったうえで購入してもらいたいと思い、こんな構成で書いてみた。
それでも踏ん切りが付かない……という人は、やはり百聞は一見に如かず。店頭や友人宅などで一度でもプレイしてみることをオススメする。きっと本作の魅力に取り憑かれること間違いなしだ。