読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ゲームショウ2013に行ってみた

昨年は行かなかったのだが、次世代機が触れると聞いて久々に足を運んでみた。以下雑感。

  • XboxOne&Forza5


『Titanfall』か『クリムゾン・ドラゴン』が触ってみたかったのだが、超人気で並べなかったので比較的列の短い『Forza5』を遊んでみた。
初めて握ったXboxOneのコントローラは、見た目こそ旧Xboxコントローラに似ているものの、Xbox360用コントローラよりむしろ小ぶりで握りやすかった。LRトリガーは360と同じく押しやすい。トリガー部分に振動を感じるのが新鮮。LRボタンは位置が少し下がって押し辛い印象。慣れが必要か。

『Forza5』は流石にグラフィックは美麗であるものの、現行機からの飛躍的な進化は感じられず。
コントローラは思ったより印象が良かったので、あとは欲しいソフトが出たらかうかなと。『クリムゾン・ドラゴン』はよ。


まさかのF2Pエスコンエースコンバット インフィニティ』。ストーンヘンジを落とす懐かしいミッションをプレイできた。操作感覚も『エースコンバット04』そのまま。被弾時の表現には『アサルト・ホライゾン』ぽさも。
PVを見る限り、舞台設定はそのままに新しいキャラクターでプレイするという感じなのか。課金体系の詳細はわからないが、ストーリーが気になるのでサービス開始の際は改めてプレイしてみたい。

クラウドゲーム機として出展していた『G-cluster』には興味がなく触らなかったのだが、同じくクラウドゲーム機として『ひかりTVゲーム』なるものが出展しており、『ハイスコアガール』コラボ漫画目当てにプレイしてみた。
配信されている複数のゲームのうち好きなゲームを選んで体験できるようになっていたため、あえて処理の重そうな3Dキャラの横スクロールアクション『Rocket Knight』を選択。初めてのクラウドゲームは……重たい。ボタンを押してからコンマ数秒の遅延があると如何に操作を重たく感じるかがよくわかった。配信中の大半を占めるレトロゲームなら遅延は少ないのかもしれないけれど、ちょっとこれは買う気にはなれない。
コラボ漫画も宣伝に終始していて大した事なかったが、むしろ同時収録の押切蓮介&マフィア梶田の対談が面白かったので貰ってよかった。

  • コンパニオンのおねーさん


攻殻機動隊ARISEコラボのJINS PCのメガネおねーさんが好みでしたね。

  • 総括

新型ゲーム機が出展されているものの、遊べるゲームの大半が海外製のためか、国内メーカーの盛り上がりは感じられず。コナミの出展がないのも大きいか。ソーシャルゲームも景気が悪いのか、出展しているのはGREEとポケラボぐらい。アジアメーカーブースの外国人もやる気なし。
PS4、XboxOneの立ち上がりに一抹の不安を覚えるゲームショウでした。