シリーズ最高傑作『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』


今日買ってきたおもちゃでシカゴ大決戦を再現!ギゴガゴ!


実写版トランスフォーマーシリーズ完結編『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』を鑑賞した。前作『リベンジ』を見てから傾倒してしまい、購入したトランスフォーマーおもちゃはもはや50を下らないのでもはや冷静に評価できないのだが、贔屓目なしでも今回のトランスフォーマーは前2作に比べて最高に面白かった。


1作目は導入ストーリーが長くて退屈、2作目は最終決戦場が砂漠地帯で景観が退屈、と色々不満はあった。今作の導入も長いがそもそも映画TFはこんなもんだと覚悟していたので不満にも思わず、それより何より3Dを意識したカメラワークが大迫力で、シカゴのビル群をバックにした最終決戦では、まるで映画の中に入っているかのような臨場感を味わえた。IMAX&3Dという最高の環境で見れたからだと思うのだが、こんな体験をさせられると細かい不満は全部吹っ飛ぶ。
2転3転するストーリーも好印象。『リベンジ』の脚本には監督をはじめ制作陣皆、不満たらたらだったらしく、その反動なのか今回はかなり脚本を練ったらしい。予想外の展開には驚いたし、またどのTFにも見せ場があったのがグッド。大好きなバンブルビーも超可愛かったので大満足(レッカーズもっと活躍させろよ!ツインズは良いにしてもジョルトは出せよ!とか言いたいこともあるが……)。
ちなみに今回見たのは吹き替え版。玄田哲章さんの渋いオプティマス、ユーモアあふれるチョーさんのシモンズの演技が毎回楽しみなのだが、今回は新キャラのディーノ(ミラージ)を立木文彦さんが熱演! 台詞は少ないが好きな声優さんなのでTFの声当ててくれただけで嬉しい。吹き替え版は人気声優が多いうえに3D映像に集中できるのでかなりオススメ。


最後に、公開前後に見かけた立体物を紹介。

公開1週間前に、新宿渋谷を走りまわってたキャンペーンカー。新宿伊勢丹前の交差点を走る実物大のオプティマスに大興奮。黄色い声も上がっていて大人気だった。

今回観に行った木場のアイマックスシアターで出迎えてくれた飛び出すジオラマオプティマス。

ハングオーバー2』を観に行ったTOHOシネマズ六本木で見かけた巨大バンブルビー。欲しい。


キャンペーンも多く、メディアの後押しも大きく国内で大ヒットした実写版トランスフォーマー。今回で完結してしまったのは残念だが、おもちゃの展開は年末までまだまだ続くし(ストライカーオプティマスとDXミラージとHAサウンドウェーブが超欲しい!)、実写版続編も検討されているとか。yukkii22の多々買いは続く……。