おかえり銀剣、はじめましてエスカトス

その昔、携帯ゲーム機初の縦画面シューティングというふれ込みで発売した伝説のゲームがあった。その名も『ジャッジメント・シルバーソード』。対応ハードは縦持ち横持ちどちらも可能な珍ハード「ワンダースワンカラー」。

個人製作ソフトの商品化、しかも通販専用とあって発売当時はどマイナーなソフトだったが、当時家庭用ゲーム機を持っておらず、ワンダースワンをひたすら遊ぶ変な学生だった私が目をつけないわけがなく即購入。それまでシューティングゲーム経験の殆どなかった私にとってはひたすら難しく、最初は手に余る代物だったのだが、下手なりに徐々に上がっていく腕前と、やればやるほどコンティニュー回数が上がる仕様のおかげで徐々にラスボスに近づき、ついにはエンディングまで到達! 初めてエンディングを見た、思い出のシューティングだ。
その後もひたすらハイスコア更新をしていたのが懐かしい。今でもワンダースワンの三傑は、『グンペイ』『ファイナルファンタジー1』『ジャッジメント・シルバーソード』だと思っている。


そんな『ジャッジメント・シルバーソード』が、XBOX360用新作シューティングゲーム『エスカトス』のおまけとして、据え置きゲーム機に初移植されたのだから世の中何が起こるかわからない。そしてむしろ『ジャッジメント・シルバーソード』のおまけぐらいに考えてた本編『エスカトス』が、勝るとも劣らないぐらい面白いのだから更にわからない。

『エスカトス』は最新のシューティングにしては地味な見た目。なので購入前も実はあんまり期待しておらず、『ジャッジメント・シルバーソード』を大画面でひとしきり堪能した後におそるおそる手をつけてみたわけだが、見た目通り無骨な、昔ながらの狙って撃つタイプのシューティング。これぞ『ジャッジメント・シルバーソード』の正統進化系。倍率アップの方法からして「敵を逃さず撃ち殺す」に変更されて、まさに「狙って撃つ」を地で行っている。これが楽しくて楽しくて、気づいた時には『エスカトス』ばっかりやっていた。
地味なのも序盤だけで、後半ステージになるとどんどんスピード感がアップして派手派手な演出に。古今東西のシューティング、それこそ元祖シューティング『スペースインベーダー』から、最近の『ギャラガレギオンズ』まで様々なオマージュも詰め込まれており、単なる懐古主義ソフトではない。シューティングの歴史をなぞる様までも、iPhoneの大ヒットシューティング『スペースインベーダー インフィニティジーン』のオマージュかもしれない。


今作も『ジャッジメント・シルバーソード』と同じく、累計スコアに伴ってコンティニュー回数が増えるシステム。シューティングが下手な私でも早速エンディングを見ることができたが、おまけ要素も、解除してない実績もまだまだ沢山。同日発売の『バレットソウル』も聞くところによるとかなり面白いらしいが、『エスカトス』も当分はこれ一本を遊び続けたいと思わせてくれる秀作。
不意にこういうゲームに出会えるから、ゲームを買うのを止められないのだ。