『METAL GEAR SOLID TOUCH』感想

公式サイト

昨年秋にiPod touchを購入してからというもの、毎日のようにApp storeをチェックし、気になったゲームがあれば片っ端からダウンロードし、という生活を送ってきたために、既にプレイしたiPhone/iPod touch用ゲームは100本近くを数えるまでになった。
無料のものから1000円以上の本格的なものまで、日本製から海外製までありとあらゆるゲームが入り乱れるiPhone/iPod touch用ゲーム市場はその雑多性ゆえに質のムラも激しいが、「この値段でこんなに遊びこめるのか!」という驚きを与えてくれるゲームも少なくなく、ダウンロード配信ゲームを抱えるハードの中では、今最も熱い市場と言えるまでに成長している。


そんなiPod touchを購入するきっかけになったのは、日本を代表するゲームメーカー、コナミがこの市場に参入し、しかも「METAL GEAR SOLID」シリーズの新作を配信するという電撃発表を行ったことだった。既に日本のゲームメーカーとしてはハドソンナムコなども参入していたが、世界的大ヒットゲームを多く抱えるコナミまで参入するとなっては、もはやiPhone/iPod touchはゲームハードとしても見逃せないものなんじゃないか、という思いに駆られ、気付いたときにはiPod touch漬けの幸せな日々。やはりあのとき買っておいてよかった。ありがとうメタルギアPS3のときもあなたがきっかけでした。ありがとうありがとう。




と終わらせても良いぐらいだが、そんなメタルギアシリーズの最新作であり、初のiPhone/iPod touchメタルギアMETAL GEAR SOLID TOUCH(メタルギアソリッド タッチ)』が配信されたので一応、感想を。

本作はその電撃的発表をよそに、情報が公開されるたびにファンを落胆させていき、配信当日には誰も彼も関心を寄せなくなってしまった残念なメタルギア。何せメタルギアシリーズの最大の特徴であるスニーキングアクションや、濃厚なストーリーは完全にオミット。PS3用『METAL GEAR SOLID4』を題材にした、各ステージ背景1枚のガンシューティングゲームになっている。これで900円……。

しかし覚悟しつつ遊んでみると、これがなかなか、丁寧な作りで好感触。音楽はそのまんまPS3から持ってきたから当然豪華だし、ビジュアルも基本止め絵なので非常に美しい。動きは少ないが、パッと見だけで言えばはまるでiPhone/iPod touch用には見えないぐらいに細かいテクスチャ。
肝心のゲーム性は、まあゲームセンターによくあるガンシューティングゲームスタイルなのだが、操作性は良好で、2本指による拡大縮小を駆使しながらバリバリと敵兵を撃ちまくるのは割と爽快。後半に行くにつれ良い具合に難易度が上昇するのも如何にも和ゲー的な主張が見え隠れして良い。今回の配信では中盤Act3までとなっているので、今後無料アップデートされる後半ステージが、どれだけムズ楽くなっているかによっては今後の評価が変わるかもしれない。


とはいえ(私を含め)多くのメタルギアファンが期待していたものとは、やはり何か違うのは確か。手軽なゲームとしてガンシューは真っ当なスタイルだが、でも、誰がメタルギアに手軽さを求めているのだろうか。(しかも各Actごとに濃厚な『METAL GEAR SOLID4』のストーリーが数行で書かれるので、ゲーム内容とのギャップがすごいことに。ストーリー全然手軽じゃない!)
という文句を言っても既に世にでてしまったのだからしょうがない。せめて回復なしの高難易度モードとか、世界ランキング対応のスコアアタックモードぐらいはアップデートしてくれることを信じて待とう。