崖の上のポニョ

公式サイト


映画『崖の上のポニョ』に含まれているもの一覧
・駆け回る女の子

・強くて優しい男の子
・活き活きと働くかわいい母さん

・やけに元気なばあちゃん
基本的にダメな父さん
・ド派手なアクションをする車
・美味そうなラーメン
・ヌメヌメでドロドロ
・真っ暗なトンネル
・なんでまたダメダメな芸能人声優使うんだよ感


・かぼちゃパンツ


初めて予告編を見た際は、シンプルな見た目からいつもの宮崎駿映画っぽくない印象を受けていたのだがいざ観てみると、これぞ宮崎駿映画、と言うしかない圧巻の映像だった。1時間半なんてあっという間。
個々のパーツも、作品から受ける思想も、過去の宮崎駿作品のどこかで目にしたものばかり。だがそれを、今までのジブリ作品にはない、シンプルで線の少ない絵本風の映像でラッピングしたおかげで全く新しい映像体験に生まれ変わらせていた。
シンプルな絵、というと今丁度テレビ放送している細田監督の『時をかける少女』も、キャラクターに影を落とさないことで作画の負担を減らし、キビキビと動かすことに成功している好例。『ポニョ』も見た目から受ける印象は非常に近いが、美術までもが色鉛筆で描いたかのような絵本風背景になったおかげで、『時かけ』に感じた「背景からキャラクターが浮いてる感」はまるで感じずに、めまぐるしく動きまくる映像にすんなりと入り込むことができた。
監督は今回の作品を「子供のために作った」と度々インタビューに答えているが、総じて受ける印象は『となりのトトロ』などの子供を対象にした作品よりもむしろ趣味に走った『紅の豚』に近い(監督自身も意識しているのか、スタッフロール時の自分の名前の横にはポルコ・ロッソを配しているのだ)。監督が好きなものを入れまくって、好きなように、楽しんで作った、大作感の薄い佳作。それだけに、宮崎駿テイストがギュッと凝縮されている濃厚な映像世界だった。


所ジョージの声とか、終盤の白昼夢のような展開とか突っ込みどころを挙げればキリはないし、今回も賛否両論飛び交うのは必至。だが、個人的には大好きだ。
こんなにビジュアルインパクトのすごい、動きのダイナミズムを感じられる映画はそうそうないし、何より、ミサとポニョが魅力的すぎる。宮崎駿映画でドキドキさせられるなんて久しぶりの体験。