秘密結社鷹の爪 THE MOVIE2 〜私を愛した黒烏龍茶〜

おそらく世界初と思われるFLASHテレビアニメーションとして始まったテレビ版『秘密結社鷹の爪』は毎週きちんと録画してお茶の間でダラダラと面白おかしく楽しんでいたというのに、世界初のFLASH劇場用アニメとして公開された前回の映画は、さすがに制作側に自信がなかったのか関東圏ではお台場のみ、というなかなか厳しい上映環境だったため、結局劇場に足を伸ばす機会を逃してしまった。

しかし今回は打って変わって超拡大ロードショー! 前作が意外にウケたから調子に乗ってみたのかもしれないが、本当に大丈夫なのか東宝シネマズ……と心配して日曜に観に行ってみると、次の次の回までチケット完売のために泣いて帰る目に会う羽目に。少なくとも六本木では大ヒットのようだ。


さて気を取り直して平日夜の空いてる時間に観ることができたわけだが、同じ「泣く」でも笑い泣きして倒れるかと思うほど笑いまくってしまった。鷹の爪初体験の友人にも大ウケだったことは、私1人の感性がずれているのではなく一般的な視点から見てもこの映画が面白いに違いない。
映画とはいえFLASHアニメ。キャラの顔パターンは少ないし、背景美術は陳腐。声をあてているのもほとんど監督1人。テレビ版に比べてクオリティは変わっていないし、それどころかPCでの配信時代から何も変わっていない。どうやっても映画館で観るに耐えないものになりそうなものだ。が、しかしそこは奇才フロッグマン監督。他人には真似しようがないフロッグマン流の、異常にテンポの速いセリフの応酬と止むことのない細かいギャグのオンパレードで、全ての悪条件を吹き飛ばしていた。
劇中どころかタイトルにまで広告を載せまくるのはさすがにあざとい、あざといのだけれどあまりにもあざとすぎてネタとして昇華して笑えてしまったので観念することにした。黒烏龍茶まで買ってしまった私の負けだ。
前作そのまんまの予算ゲージや告白タイムももちろん面白いポイントだが、今回は更に映画史上初のリラックスタイムなるものまで追加。ついつい映画にノせられてリラックスをしてしまうと大変(笑ってしまう)目に合うのだけれど、劇場でのリラックスタイムは家庭で観るよりも何倍も楽しめるはず。この不思議で不必要な一体感を感じるためだけにも、劇場で観ることをオススメする。