ゲームサイド LEVEL1

公式サイト

先週4/22に新ゲーム雑誌が創刊されていたようなのだが、昨日小耳に挟むまで全く気付かなかった、ので今日急いで買ってきたのがこの『ゲームサイド LEVEL1』2008 VOL.1。ああそういえば、先月号の『ゲームサイド』にこんなん出すって書いてあったような……?

取り扱い店舗も少なさそうだし、「ゲームサイド」という響きを聞くのも初めて、という方も多いことだろう。この度産声を上げた『ゲームサイド LEVEL1』は、ゲーム雑誌界の最底辺をひた走るマイナー雑誌『ゲームサイド』の増刊号にあたるもの。FC・メガドラ当たり前、新旧ゲームが入り乱れる混沌さが『ゲームサイド』の売りでもあったが、『LEVEL1』が扱うのは基本的に現行機種のみ。第一特集は『マリオカートWii』、続いて『スト4』『ヴァルキュリア』と、発売直後&間近のソフト特集で固めてライトユーザーにも手を取りやすい内容に。
と思えばレビューが『マグキッド』とか『ルプ★さらだDS』だったりのマイナー路線をチョイスしている(しかも1タイトルあたりに4Pも割いている)ところは、やっぱり『ゲームサイド』のサガか。こういういつまでも垢抜けられないところが何とも『ゲームサイド』らしくて大好きなんだ。もっとやれ。

ゲームサイド』の半分を割いていたような連載読み物がないので、950円もする割に内容の薄さは否めないし、正直この雑誌の需要があるのかもよくわからない。
が、私はゲームが持つちょっとした魅力を最大にまで引き出そうとする『ゲームサイド』のレビューの書き方が好きで、旧名『ユーゲー』だった頃から何年間も買い続けているぐらいの大ファン。できたらこの雑誌がめでたく売れて、新作に特化したNEW『ゲームサイド』として確立してもらいたいところだ。