ききマスター

公式サイト
配信日4月10日〜4月23日


ゲームセミナー2007第三弾はタッチペンききとりアドベンチャーききマスター』。
人との会話において「相手の話を聞く」ことは最も重要であるからして、「台詞の入ったバルーンが最大に大きくなったタイミングでタッチして相槌を打つ」「バルーンをドラッグして相手にぶつけてツッコミを入れる」という着眼点は非常に良い。逆転裁判with押忍!闘え!応援団。他のアドベンチャーゲームがパクッてもおかしくない。
それなのに狙ってダサくしたであろう絵のセンスがマイナス要因。販売予定がないからこその奇抜なキャラなんだろうけど、もうちょっとプレイ意欲が湧くデザインにしてくれても……。これまでのゲームセミナーの作品はシステムが斬新なうえで、グラフィック面も任天堂らしい簡潔で上質なものだと思っていたが。

とはいっても、攻略キャラがキャラクターが三人しかいないながら、どこでツッコミを入れるかによって話の流れや結末も変わるし、システム自体はなかなか凝っていてやりこみ要素もあり。興味のある方はおそらく今週水曜日あたりからWiiでの配信が行われると思うので、そちらで落としてみては。


ちなみに『ワケアリ部屋のつづき』のWiiからの配信は4月22日まで。たぶん23日の昼ぐらいまでならギリギリ落とせそうだが、こんな日記見てるぐらいなら早くダウンロードして真夜中にプレイしてトイレに行けなくなってしまうべきだ。