4月第3週

体験版議論

これから先、体験版はなくなってゆくのかもしれない(ゲームミュージックなブログ・Ver.FC2)
今後体験版はどうなる?(ファミコンプラザゲーム最新情報)
話題の『海腹川背Portable』に限らず、やはり今月頭に問題になったばかりのXBOXLiveアーケード『Mr.DRILLER Online』なんかも、体験版やると声ないし画面ボケてるとおかしいしちょっとやばいか?と買い控えたら、案の定オンライン対戦がラグラグで話にならなかったようで。体験版が必ずしも販売を促進させるとは、限らない。
でもLiveアーケードに関しては情報の露出が極端に少ないしな。これで体験版がなくなったら買う気にもならないし、全ソフト体験版プレイ可能、という現在の状態は維持してもらわないと困る。体験版をやって「完全版に金払っていい」と思えるような内容ならば買うさ。ただ、さすがに今週配信のゲームのような目に見える地雷(いつものことだが面白そうな『Battlezone』に限って日本配信なし)はやらないが。

今週発売のゲームはー、ってめぼしいのは任天堂の『ぼくらはカセキホリダー』ぐらいか。これもちゃんと体験版やりましたよ、ええ。WiiのDSソフト体験版配信は素晴らしいと思うけど、早く店頭と同じレベルにまで充実させてほしいな。ゲームセミナーの『ワケアリ部屋のつづき』も、4/22までならWiiで配信してるから落とすべし。

で、『ぼくらはカセキホリダー』は任天堂発売なのにプロデュースが「レッド」と聞いたときは不安になったが、古くは『A列車』シリーズや『ルナティックドーン』、最近では『ギャラクシーエンジェル』やPSPの『ガンダムバトル』シリーズでキャラものに強くなっている「アートディンク」が担当。
体験版ではバトルシステムまでは触ることができなかったが、ペンをノミやドリルに見立ててコツコツと化石を掘るのは、理科が好きだったころの昔の自分(その後、科学・物理になって挫折)を思い出したりしてちょっと楽しい。小学生男子に買い与えるのだったら、オススメだ。