3月第2週

Wiiの新サービス「Wiiウェア」 3月25日スタート
以前より任天堂が明言していたWii向けの新作ソフト有料配信サービス「Wiiウェア」が、やっと今月から開始。価格は今のところ500円〜1000円ということで、「XBOXLIVEアーケード」の400ゲイツ(600円)〜800ゲイツ(1200円)とは同じぐらいの価格帯。500円より400ゲイツと言われる方が安く感じるのは気のせい。
ソフトラインナップが有名どころから胡散臭いソフトまで玉石混交なところもLIVEアーケードと変わらないけど、体験版の配信がない分ソフトの当たり率が高いと良いんだが。そこは任天堂チェックに期待。
とりあえず配信第1弾の中では『ことばのパズルもじぴったんWii』がすごい。何せステージ数200以上、PSP版にあったのにDS版で消えたCPUとの対戦モード復活、さらに初のオンライン対戦まで追加して価格は1000円だっていうんだからお得度はかなり高い。PS2版やDS版で出来なかった完全クリアは今回もやはり出来なさそうだが、今回も購入する予定。
問題はWiiの少ない容量か。Wiiウェアは最大でも40MBってことだけど、VCが貯まってきたせいでそろそろ容量の底が見えてきた。任天堂としては落とし直せるんだからとりあえず消すか、SDカードに逃がせってことなのだろうけど、落としたチャンネルはずらっと並べて悦に浸りたいってもの。
容量をかなり喰う割に利点の見えない「テレビの友チャンネル」なんか配信するぐらいなら、そろそろ外付けHDDとか1GBフラッシュメモリ入りリモコンとか販売してもらいたい。

公式サイト
今週の新作は、男性向けアドベンチャーでもまずない「男の体をタッチペンで拭く→ヘブン状態」が発売前から話題の『デュエルラブ』とか、一度はトニホのあまりの難易度に挫折したスケボーゲームだけど、これならまた頑張れるかもと思わせてくれる『スケート』などがあるけどどれも買うまでには至らなかったので、VCで今週から配信が始まった『ジョイメカファイト』を購入。
名作!という声を何度も聞いていたので内容も良く調べないで購入したけど、任天堂には珍しいガチの格闘ゲームなのね。関節なしでウネウネ動くキャラクターとか気の抜けたテキストは好きなんだけど、対戦してくれる相手がいないときついなー。
とりあえずスカポンはかわいいな。うん。全キャラ集めるぐらいまではがんばってみる。