アイドルマスター ライブフォーユー!

公式サイト

元々アーケードゲームだったものが、動画投稿サイトの盛り上がりと360版の発売ががっちり噛みあったことで上手い具合に人気を集めていった『アイドルマスター』。
しかしこのゲームは一般的な恋愛ゲームでもなければ、ライブ観賞に特化したソフトでもなくて、あくまで「アイドル育成シミュレーションゲーム」。お気に入りのあの子の華麗なステージを見るためには、何十週にも渡るレッスンやイベントをこなさなくてはならず、「すごいポリゴンの女の子の歌とダンスをただ見たいだけ」という人の需要を充たせるものではなかった。


そこで登場したのが『アイドルマスター ライブフォーユー!』。好きな子と服を組み合わせてライブ見てね! おまけに音ゲーも付けてあげたから! というかなり割り切った仕様のためゲームとしてはかなり薄いが、上記の需要を充たすことで『アイドルマスター』を補完するおまけDiscなんだと割り切れば納得もいく。
そう考えれば音ゲーで集められるアイテムが、イージーモードを2時間もプレイすれば(大量の課金アイテム欄を残して)コンプしてしまうのも、誰でも簡単に集められるようにしておいたからあとは観て楽しんでね! っていう開発側の配慮なんだなあと合点がいくし、アイドルとのイベントが少ないのも今回は会話じゃなくて歌だけを楽しめってことなのだろう。おまけ程度だと思っていた音ゲーも(踊り観てる暇ないけど)結構楽しめちゃってるので、なんだかんだ言って値段分は満足した。


一部で「ダウンロードコンテンツが高い」などという声も耳にするし、実際安くはないんだけど、買う買わないはユーザーの自由なんだし、欲しいものだけ買えばよし。値段分の価値があるかどうかは買う人の判断なんだから、ユーザーもナムコも叩かれるべきではないと思う。『CONTINUE』は焚書!
まあもうちょっと安くしろよとは思う。でも先週配信された『エースコンバット6』の最上級難易度「ACE OF ACES」にしろ、結構ナムコはクオリティの高いものを配信してくれているし、配信があるからこそ商品寿命が延びるのも事実。もう少し安価なところで落としどころを見つければ、今後も活きてくるシステムだと思う。
アーケードか家庭用になるかわからないけど、おまけDisc程度ではなく、「続編」という最上級の形でユーザーに還元されれば嬉しいんだけどね。次回はどうなるやら。