第24回

先日プッシュした『勇者のくせになまいきだ。』が、今週金曜発売の週刊ファミ通クロスレビューで、なんと10/8/8/10の計36点でプラチナ殿堂入りを果たしたらしい。そりゃあさわりだけ遊んで面白いとは思ったけれど、まさかファミ通にまで評価されるとは! 来週の発売が非常に楽しみなタイトル。

http://www.d3p.co.jp/p_quest/
既にPSP版・XBOX360版が発売され、絶対SIMPLE主義さんや忍之閻魔帳さんが大プッシュしていた『THEパズルクエスト』が遂にDSでも発売。
せっかく買うならば最も気軽にプレイできる(であろう)DS版にしよう!と度重なる延期にもめげずにDS版を待ちわびていたのだが、絶対SIMPLE主義さんのTHEパズルクエスト、DS版とPSP版の違い によると、これだけ待たせたにも関わらずあんまり良移植ではないらしい? DS版『ZOO KEEPER』ばりのタッチペンをうまく利用した神パズルゲームを期待していたんだが、やはり海外ゲームのローカライズ版だし痒いところに手は届かなかったのか……。
こうなると2ヶ月前に発売済みのPSP版を購入した方が、ということになるのだが『勇者のくせになまいきだ。』が来週には控えてるしなあ。どうしたものか。
とりあえず興味が湧いた方は、公式サイトにある各種体験版をプレイしてみてはいかがだろうか。

http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/index.html
でもパズクエに期待している人なんて極々一部のゲーマー(私を含む)だけですよねー。今週あらゆる意味で最も注目なのが、現在毎日のようにお茶の間に「板です」を響かせている『Wiifit』。今年の冬は購入予定のソフトが多すぎて『WiiFit』の購入は見合わせていた見合わせていたのだが、バンダイナムコの『ファミリースキー』に対応と聞いてからは気になってしょうがない。
ただこのゲーム、ソフト自体の面白さよりも「これが市場に受け入れられるのか?」「下降気味のWii本体の販売台数をクリスマス需要と供に持ち直してくれるのか?」「そんで『マリオギャラクシー』のような任天堂の本気アクションゲームの売り上げにも繋がるのか?」ってところが気になってしょうがない。
アメリカではプレミア価格で取引されるほどにWiiの人気が沸騰しているのに、なんで日本はイマイチ盛り上がらないのだろうか。『Wiiスポーツ』やパーティゲーム目当てで購入した人が大半で、ゲームらしいゲームの購入に結びついていないのではないか、と考えているのだが、さて。年末商戦の動向からは目が離せない。