第16回

世界樹の迷宮Ⅱが出るんですって! ディレクターの新納さんは降りちゃったものの他の主要メンバーは継続して取り組んでいるみたいだし、きっちり良いものに仕上げてくれることを期待。また50時間ものダンジョンを潜る日々がやってくるのかと思うとワクワクしてくる。

  • アルカイック シールド ヒート

ファイナルファンタジー』シリーズや『クロノトリガー』といった数々の傑作RPGで有名な坂口博信氏による、久々の任天堂ハードでの作品。

今冬発売の360用RPGロストオデッセイ』はゲーム20時間ムービー20時間という『ゼノサーガ』も『FF10』も裸足で逃げ出すムービーゲーになっているらしいが、やはり氏のムービーに対する異常なこだわりが表れたためか『アルカイック シールド ヒート』はDS最大容量の2Mbが用いられており値段もちょっと高め。プリレンダのキャラクターが動く他のDSゲーにはない戦闘時のビジュアルも特徴だが、それに比べるとマップ移動時はしょぼいし、タッチペンオンリー操作にしてはアイコンも小さいように見える。一部のビジュアルにだけこだわって遊びやすさがおろそかになってなければいいのだが・・・・・・。しかし何しろDSオリジナルの新作ゲームだし、触ってみれば案外面白いかもしれない。

これが売れてこの後に控えている坂口RPG『AWAY 連れ去られた人々』や『ブルードラゴンDS』に繋げられれば万々歳だろうが、さてそう上手く行くものだろうか。