読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくらの

敵を一体倒す毎に搭乗者の命が失われていくという衝撃の設定で話題を呼んだ『ぼくらの』だったが、原作分が尽きてオリジナル展開に突入すると『ぼくらの』というよりか『やくざの』とでも呼んだ方がいいような退屈なストーリーになり、序盤のスピード感もなくなってしまったことは、監督の「原作嫌いです」発言より問題だったと思う。「最初は面白かったのに・・・・・・」が多いGONZO作品らしい残念さ。

それでもロボットアニメ随一の巨大感のある戦闘描写は良かったし、なんだかんだ言って終盤綺麗に締めたてくれたので満足。