傀儡后

帯の「日本SF大賞受賞」の文字とラノベ風の表紙に釣られてよく調べもしないで買ってみたのだが失敗。

近未来の大阪が舞台のSFジュブナイルが展開!・・・・・・していきそうなミステリアスな序盤にはわくわくして読み進めていくも、物語は悪い意味で予想を裏切る方向へ。
とびとびの構成に置いてきぼりにされそうになりながら、なんとか喰らいついてもラストの展開には唖然。
疑問符しか残らない。
買ってはいけない