夏はアニメが熱い

夏休みを謳歌する子供たちはもちろん、いい歳してアニメをたしなむ紳士淑女のために、夏はアニメの特番やら長編映画がやたらと多い。要チェック作品をリストアップしてみた。主に自分が忘れないために。


テレビ特番

昨年夏に公開されロングランヒット。日本アカデミー賞も受賞した傑作が早くも明日、テレビ初登場。未見の人は是非。

昨年度のアニメの中では『涼宮ハルヒの憂鬱』と人気を二分するほどの大ヒットアニメがついに完結。TBSは異様に遅い時間にやるので注意。

電王としんちゃんのまさかのコラボアニメ。普段からどちらもギャグ満載のため違和感なし。相乗効果でいつも以上の笑いを呼べるか!?

ラピュタ』や『もののけ姫』の美術監督を務めた山本二三氏の初監督作品。脚本は『時かけ』や『しゃべれどもしゃべれども』の奥寺佐渡子。どんな作品になるのか全くわからないが、美術は絶対すごいはず。



映画

これを逃せば二度とない! 渡辺信一郎河森正治など日本を代表する天才アニメーターたちの夢の饗宴。アニメの真髄をあらゆる面から味わうことのできる贅沢なオムニバス映画。

マスターキートン』や『モンスター』といった、日本テレビの原作付き良質アニメを手がけた小島正幸監督による初の長編映画。原作より泣ける『花田少年史』を作り出した小島監督だけに、今回も原作越えを期待。

大人ほど泣ける反則的な映画版『クレヨンしんちゃん』を手がけた原恵一監督の復活作。ジブリ映画のない今夏においては、きっと今作が一番のファミリー向け映画。