アニメ

しゅごキャラ!

まだ終わっていないが、次週からは新展開なので。 ある意味今期最大のダークホース。直前まで『キスダム』をやっていたサテライトが、まともに少女漫画をアニメ化できるなどと露にも思っていなかったのだが、見事にやりやがった。サテライト作品はいつも質が…

BAMBOO BLADE

作画や演出で安定していなかったのが残念だが、締めるところはきっちり締め、最終回も申し分なかったので印象は良い。倉田がんばった。未だに高校生役を魅力的に演じられる桑島法子や阪口大助はすごいな。

シゴフミ

ハートフルならぬ、別名ハートフルボッコアニメーション。佐藤竜雄・大河内・桜美という強力なタッグに期待していたのだが、斜め上のものがでてきた。これはこれで面白かったし好きなんだけどさ。 最終話は色々言われているようだが、あんな展開にしといてち…

狼と香辛料

原作好きの人は心配も多かったようだが、未読で観た身としては大満足。美しい背景と音楽で中世の雰囲気はバッチリ。ラノベ原作なのに全然媚びてないのも良かった。経済的な部分についての説明がさっさと流されてしまうので理解するのが一苦労だったが、そこ…

墓場鬼太郎

全然期待していなかったのに、これはすごかった。水木しげる先生の映像が、ちゃんとアニメーションしているって、すごいよ。事件。背景も水木先生の精緻な絵とそっくり。ノイタミナ枠最高視聴率を勝ち取ったというが、これだけのものなのなら頷ける。一昔前…

CLANNAD

原作やってないしKey原作アニメ観るのも初めて。エロゲな会話のノリにはずっと違和感を感じつつも、流石京アニ、安定したクオリティで最後まで駆け抜けた。『ハルヒ』や『らき☆すた』のように突き抜けていないので物足りなさは感じたが、声優の魅力で許す。…

ARIA The ORIGINATION

前作までは(たまにすごく良い回もあるけど)まったり平凡なアニメだよなー、という認識しかなかった。が、前2作と違ってワイドでの放送になり画面が締まり、更に作画クオリティが底上げ。原作が最終回を迎えたばかりにも係わらず、間を置かずにアニメでも忠…

機動戦士ガンダムOO

黒田脚本ってことで楽しみに観始めたものの、一向に盛り上がらない展開で中盤まではあんまり好きにはなれなかった。ルイスの身に起こったアレを観たときには本当に黒田にはいいかげんにしてもらいたいとTBSにメールを送ろうかとさえ考えた。それなのにどうし…

true tears

『攻殻機動隊SAC』など、主にI.G作品の下請けで活躍してきた富山の小さなアニメ会社「P.A.WORKS」による初の単独TVアニメ。新海アニメと張る、といっても過言ではない映像のため息が出るほど美しく、富山の素朴な街並みを情緒豊かに描き出していた。今まで存…

BACCANO!

本当は上半期にWOWOWで放送されていた作品なのでここで挙げるべきではないのかもしれないが、2008年1月から東京MXテレビにて放送されていた再放送版で初めて観ることとなり、あまりのクオリティの高さに腰を抜かした。下半期で最も楽しめた作品。 シャッフル…

今期の注目アニメ会社の話

今期のアニメも全て出揃い、熱心にエアチェックをしているアニメファンの方々ならすでに視聴継続アニメを絞っている時期なんじゃないかと思います。 個人的にオススメの作品を挙げるならば『PERSONA -trinity soul-』『シゴフミ』『true tears』『墓場鬼太郎…

茄子 スーツケースの渡り鳥

『茄子 アンダルシアの夏』が映画化される!と聞いたときは、敬愛する黒田硫黄の分かりづらくて泥臭くてとてつもなく面白い原作をそんなに簡単にアニメにできるわけないだろーと懐疑的に感じたものの、「それでもまあどうなってるのか気になるし」と映画館に…

モノノ怪

度肝を抜いた『化猫』から久しぶりに戻ってきた薬売りの物語。『化猫』での美麗美術や3DCGの使い方はそのままに、脚本や演出で遊びに遊んだ『化猫』応用編といった趣向の全12話。ただ映像にもはや慣れてしまったために『化猫』ほどの驚きがもう感じら…

ぼくらの

敵を一体倒す毎に搭乗者の命が失われていくという衝撃の設定で話題を呼んだ『ぼくらの』だったが、原作分が尽きてオリジナル展開に突入すると『ぼくらの』というよりか『やくざの』とでも呼んだ方がいいような退屈なストーリーになり、序盤のスピード感もな…

天元突破グレンラガン

『フリクリ』や『トップをねらえ2!』といったガイナックスの若手たちによる暴れ馬みたいな作品群を見ていたので、朝から異常なテンションで動き回るこの稀有なアニメを見せられても割と冷静に反応できていた、つもりだった。ラスト2話は感動してもうボロ…

アイドルマスター XENOGLASSIA

声優交代。なぜかロボットアニメ。舞-Himeまんまの暗い展開。誰がこんな形のアニメ化を望んだのだろうか。地球存亡の危機まで風呂敷を広げてしまったが、「アイドル」なんだしもっと地に足ついた話を見せてほしかった。

瀬戸の花嫁

放映開始前こそまっったく期待していなかったのだが、めくるめくアドリブ全開の超ハイテンションギャグの応酬には毎回腹筋が壊れるほど笑わせてもらった。そして最終回には思わず感動の涙。GONZOなのにAICと組んでるおかげで作画崩れも無し。『エクセルサー…

大江戸ロケット

水島監督だから許される『ハガレン』ネタや原作者が中島かずきだから許される『グレンラガン』ネタなど、反則的な小ネタの数々には毎週笑わせてもらったが、そこに嫌味やしつこさを感じないのは「江戸のみんなに上を向いてもらうためにロケットを飛ばす」と…

DARKER THAN BLACK 黒の契約者

東京の中にどでかい壁で囲まれた空間が、という設定は理解できなくもないんだけど、契約者(超能力を殺人に使う人たちのこと)が死ぬと星が落ちるとか、その星があるから昔の星は見えないといった設定が最後の最後まで釈然としなかったので、胸の中のもやもや…

おおきく振りかぶって

原作よりつまらないアニメ、面白いアニメというのはそれぞれ多いが、原作の魅力を100%引き出すことで原作と全く同じ面白さを提供してくれるアニメというのはそう多くない。そんな稀有なアニメがこれ。元々原作のファンだったので見る前はかなり心配していた…

ゼロの使い魔 双月の騎士

原作読者にとっては端折り過ぎだ何だと散々に叩かれているらしいが、釘宮ルイズが真赤になって恥ずかしい台詞を吐くのをニヤニヤ見るアニメだと思えば文句なし。多少中盤ダレていたりとか展開が早かったりとか気になりはしたが、監督が1期から交代したおか…

ぽてまよ

同じく4コマ漫画を原作としながらパロネタなんて一切なしのまったりアニメ。『らき☆すた』と対を成していると勝手に解釈しているのだがあまり注目されていなかったのが残念。京アニに負けじとこちらも完成度がとにかく高い。『あさっての方向』で見せた小林…

らき☆すた

このアニメはまさに事件というか事故というか。作品にたいしては賛否両論色々論議されているが、『涼宮ハルヒの憂鬱』がぶちあけた風穴に無理やりねじ込んできた現代オタク文化の中心として見るべきところの多い秀逸なアニメだったように思う。あきらかにハ…

夏はアニメが熱い

夏休みを謳歌する子供たちはもちろん、いい歳してアニメをたしなむ紳士淑女のために、夏はアニメの特番やら長編映画がやたらと多い。要チェック作品をリストアップしてみた。主に自分が忘れないために。 テレビ特番 『時をかける少女』フジテレビ系列 7/21 2…

『モノノ怪』放映開始

公式サイト フジテレビ 毎週木曜24:45〜フジテレビの深夜アニメ枠、通称「ノイタミナ」にて、昨年1月から3月まで放映された『怪〜ayakashi〜』というアニメをご存知だろうか。江戸時代のホラーをアニメで描くというあまり類のない企画に挑戦したという意味…