ゲーマーズライフ

ゲームとかアニメ

10年越しのクリアを達成させるレベルの顔の良さ――『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』

2010年にWiiで発売されたRPG『ゼノブレイド』。当時ソフトが枯渇していたWiiに降臨した大規模RPGということで大変興奮したのだが、そのあまりの大規模っぷりにモチベーションが保てなくてエンディングを迎えることができなかった。仕事が忙しかったり、他の…

コロナで147本ゲーム断捨離したら1万円のソフトもあって懐が温かくなったので焼肉食べたい

新型コロナウイルスによる長い自粛期間、ほとんど家にこもりっきりだったわけだが、そうなると流石に住環境を良くしたくなるわけで、最初に思いついたのがゲームソフトの断捨離だった。 最近ではパッケージソフトを買うことが少なくなったものの、それでも生…

1回10分の宇宙船共同生活シミュレーション『グノーシア』クリアレビュー

Nintendo Switch用テキストアドベンチャーゲーム『グノーシア』をクリアした。……いやテキストアドベンチャーと呼んでいいのだろうか。特殊なゲームをプレイすると一般的なジャンル付けがあまりに無力に感じる。 このゲームは体裁こそテキストアドベンチャー…

FF13ティザートレーラーの実現化とコンフリクト――『ファイナルファンタジーⅦリメイク』クリアレビュー

『ファイナルファンタジーⅦリメイク』(以下FF7R)をようやくクリア。タイムは43時間。PS版『ファイナルファンタジーⅦ』(以下FF7)の序盤――ミッドガル編までのストーリーをリメイクした内容だと事前に聞いていたのでここまでの大ボリュームだとは思っていな…

『攻殻機動隊 SAC_2045』感想――期待される「SACっぽさ」は描かれたのか

4月23日16時より、NETFLIXにて『攻殻機動隊 SAC_2045』全12話の配信が始まったので早速視聴。配信前に見た予告映像により期待値は下がっていたのだが……、実際見てみると意外や意外、これがかなりの面白さ。 ただし「SACっぽさ」が出てくるのは7話以降。1話だ…

『ジャストダンス2020』で世界のみんなと運動不足解消を

『フィットボクシング』、『リングフィットアドベンチャー』と人気フィットネスゲームが続くNintendo Switch市場に第三のフィットネスゲームが登場した。『ジャストダンス2020』だ。 フランスのUBIソフト開発のジャストダンスシリーズの歴史は古く、1作目が…

『GのレコンギスタⅡ』「ベルリ撃進」公開初日レビュー

劇場版『GのレコンギスタⅡ』「ベルリ撃進」が本日2月21日より公開された。早速チネチッタ川崎のLIVE ZOUND+4Kレーザーにて観賞した。 本作は2015年に放映されたTVアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』の劇場用編集版の第2作目。1作目の『GのレコンギスタⅠ』…

スター・ウォーズは終わらない――新世代監督らがしのぎを削る新シリーズ『マンダロリアン』から目が離せない!

本当は怖いAT-ST 枝葉を折る音、森の暗闇から迫る巨大な影。現れたのは鋼鉄の体躯とそれを支える2本脚――AT-STだ。惑星エンドアでイウォーク族の丸太攻撃に窮していた鳥脚の棺桶を思い出すが、仄かに光る赤い瞳はどこか様子が違う。 村に迫ると予感が的中。注…

話数単位で選ぶ、2019年TVアニメ10選

見たアニメを懐かしみ、見ていないアニメを悔やむこの季節がやってきた。新米小僧さんの定例企画「話数単位で選ぶ、TVアニメ10選」である。 ひとまずリストアップのみ。後ほど各話詳細追記予定。1/7各話感想追記完了。そして集計結果もアップされた。新米小…

富野由悠季の目にも涙――『GのレコンギスタⅠ』「飛べ! コア・ファイター」女の力Dayレポ

『Gのレコンギスタ』には「女の力でー!」というマニィ・アンバサダのセリフがある。というわけで(?)開催されたのが「女の力Day」という名の舞台挨拶第2弾だ。登壇したのはアイーダ役・嶋村侑、ノレド役・寿美菜子、マニィ役・高垣彩陽、そして富野由悠季総…

元気のGは幾千年の未来から 『GのレコンギスタⅠ』「行け! コア・ファイター」

11月29日より富野由悠季総監督による映画『GのレコンギスタⅠ』「行け! コア・ファイター」が公開された。 9月の先行上映以来2度目の観賞となったので、今回は改めて『Gのレコンギスタ(以下G-レコ)』という作品の魅力について考えながら見てみることにした…

【劇場版Gレコ公開前日!】トミノグッズ大増量!『富野由悠季の世界』神戸会場レポート

ついに明日11月29日は劇場版『GのレコンギスタⅠ』「行け!コア・ファイター」公開日。これまで勝手に応援企画として『Gのレコンギスタ』及び富野由悠季総監督についての記事を書いてきた。 yuki222.hateblo.jp yuki222.hateblo.jp yuki222.hateblo.jp 公開前…

【劇場版Gレコ応援企画】富野監督が多すぎる!特集雑誌全部買ってみた

いよいよ来週11月29日に公開が控えている劇場版『GのレコンギスタI 』「行け!コア・ファイター」。最近は徐々に宣伝が増えてきているな…と思っていたらこの2週間で一挙5誌(新聞含む)に富野由悠季総監督のインタビュー記事が掲載される異例の事態に。 どれ…

ゲームはもう時間潰しじゃない――『DEATH STRANDING』クリアレビュー

PS4用ゲーム『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の発売前、こんなエントリが話題になっていた。 anond.hatelabo.jp ゲームは時間を潰すもの。そう思う人がいるのはわかるけれど、自分にとってゲームはコミュニケーション手段であったり、ストレス…

2019年秋アニメ全部見た

2019年秋アニメ1話目を見れるだけ全部見た。39本。まだ『僕のヒーローアカデミア(第4期)』『PSYCHO-PASS 3』『ちはやふる3』『ハイスコアガールⅡ』があるけどとりあえず。 以下視聴継続予定作品16本。 ・あひるの空 原作未読。総監督が草川啓造とあってか丁…

『空の青さを知る人よ』雑感

台風一過の日曜に映画『空の青さを知る人よ』を見た。 ・原作は超平和バスターズこと監督長井龍雪、脚本岡田磨里、キャラデザ田中将賀のユニット。『あの花の名前を僕たちはまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』以来3度目の結成。今作が一番好き…

弟と最後に遊んだのがメガドライブミニになった話

今朝弟が実家を出ていった。結婚して新居を構えたからだ。素直にめでたい。 弟とは昔からいつも一緒にゲームもしたしアニメも見ていた。仲の良い兄弟だったんだと思う。だから最後にゲームをしようと誘った。買ったばかりのメガドライブミニだ。 メガドライ…

21世紀を生きるボクたちのSFー映画『HELLO WORLD』

「気持ち悪かった!」 というのが映画『HELLO WORLD』観賞後の飲み会で感想を求められた時に口をついて出てしまった一言。決して悪い意味でなく。 hello-world-movie.com 『HELLO WORLD』は9/20に公開された劇場用アニメーション映画。監督は『ソードアート…

関東最速上映レビュー 劇場版『ガンダム GのレコンギスタI』はわかりやすくなった再演版!?

テレビ版の放映終了からはや4年。待ちに待った劇場版『ガンダム GのレコンギスタI』「行け!コアファイター」の全国公開を前に、ぴあフィルムフェスティバルにて関東最速の先行上映会が行われたのでいち早く見ることができた(世界最速上映はパリ、日本最速…

これで終わりでないのだから―『ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン外伝 永遠と自動手記人形』

京都アニメーション制作の『ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン外伝 永遠と自動手記人形』の3週間限定でのイベント上映が始まった。記憶に新しい凄惨な事件からまだ2か月弱、京アニが再起動した!というわけではなく、事件の直前に完成していたので予定通りに…

元気のGは劇場のGだった⁉︎ ガンダムGのレコンギスタミュージアムレポート

この秋劇場公開される『ガンダムGのレコンギスタ』を記念して博物館が建立されたという怪情報を聞きつけて我々は幕張メッセで8月24日、25日に開催されているC3AFAに飛んだ。 現地で我々が目にしたのはその名もガンダムGのレコンギスタミュージアム。どうや…

『天冥の標』はクロノ・トリガーでドラクエⅡ⁉︎ 小川一水先生ネタバレインタビュー@SF大会

今年2月、全10巻(17冊構成)の大長編SF小説『天冥の標』シリーズを10年もの歳月をかけて完結させた小川一水先生。そんな小川先生への公開インタビューが、去る7/27、7/28に開催された第58回SF大会にて行われたので、その模様をレポートする。1ヶ月の大遅刻…

【ゴジラ/エヴァファンは必修レベル】エヴァに振り回され日記③ 大阪・「ゴジラ対エヴァンゲリオン」編

随分時間が空いてしまったけれどいい加減に復帰したいと思う。というわけでエヴァ日記完結編としてユニバーサルスタジオジャパンで公開中の『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』について紹介する。 エヴァに振り回され日記① 東京・『シン・エヴァン…

前に進む力をくれる物語を-映画『天気の子』

昨日の大変痛ましい事件に気が滅入っていたのだが、何もできないので予定通り映画『天気の子』を見た。 映画を見ている間は事件のことを忘れることができたし、とても前向きな物語に背中を押されるようだった。 幾分やり過ぎな終盤の展開は昔からのファンと…

エヴァに振り回され日記② 福岡・「エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来」編

前回0706作戦に参加した顛末をレポートしたが、実は遡ること6月からエヴァンゲリオン(とゴジラ)に振り回されて西へ東へと行ったり来たりだった。覚えているうちに福岡、そして大阪のこともレポートしておく。 6月に「富野由悠季の世界」展のため福岡に飛ん…

エヴァに振り回され日記① 東京・『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦編

この数日間フランスはパリで開催されたJAPAN EXPOに、というか概ねエヴァとガンダムの新情報に遠く離れた日本から気持ちを割いていたのだが、特にエヴァについては同時開催された日本国内でのイベントに参加できたのでその内容を書いておく。 ちなみにガンダ…

富野由悠季とは何者なのか?ー劇場版『Gレコ』や新企画の情報も飛び出した『富野由悠季の世界』オープニング記念トーク&展示会レポート

祇園山笠の準備でにわかに活気付く博多駅前ーそこから電車で15分とほど近い福岡市美術館にて、巡回展『富野由悠季の世界』が6月22日より始まった。幸運にも応募倍率6倍にもなったというオープニング記念トーク「富野由悠季とは何者なのか」に参加することも…

原作超えの奇跡体験―映画『海獣の子供』感想

6月7日より公開された映画『海獣の子供』を観賞したらあまりの感動に居ても立ってもいられず気づいたら水族館に来てしまった。 今回はここ、神奈川県江ノ島の新江ノ島水族館からお届けする。 月刊IKKIで連載されていた五十嵐大介による漫画『海獣の子供』を…

怪獣の色づく季節―『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』感想

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観賞。 ゴジラ映画は2014年から続けざまに実写2作、アニメ3作が作られ『ゴジラ ファイナル・ウォーズ』からの10年に渡る沈黙が嘘のようなお祭り状態。そんな中に投下された最新作が2014年版『ゴジラ』に続く、『ゴジ…

Beat Saberがすぐに遊べるOculus Quest最高説

Oculus Questがついに届いた。これまでいくつもVRデバイスを触ってきたので今更VRすごい!感動!というのはないのだが、傑作VRゲーム『Beat Saber』がいつでもどこでもすぐに遊べるのが最高。今からVRデバイスを買うならこれ一台で十分!とは思うものの気に…